『学生一人ひとりの活きた情報の集約と見える化』で、
教育の質を向上!

A大学
神奈川県


導入サービス

学生ピタ!ポートフォリオ

導入の背景

学生一人ひとりへのきめ細かい支援、ひいては就職率/質の向上、退学率の低下につなげるため、大学として2013年度から教育改革を実施し、教育の質向上と学生支援の充実を図ってきました。
システム面では、それまでは紙に手書きで収集していた、学生の生の声をデータ化したり、学生の活動記録をシステム上に蓄積するなどして、分析/活用したいという思いがありました。
また、学生を指導する教員からも、学生情報(カルテ)を見える化・共有したいという声がありました。
このような状況の中で、学生ピタ!ポートフォリオは、パッケージでありながら、元々紙で実施していた業務を柔軟に取り込み、学生の負担を増やすことなく、学生情報のデータ化・集約・共有を容易に実現できると感じました。
また、闇雲にデータを溜めるのではなくどう活用するか、に主眼を置いた学生ピタ!ポートフォリオのコンセプトに共感し、導入してみたいと思いました。


導入効果




『大学が持つ独自情報(入社試験体験記、求人票等)』
を学生に届け、就職の質を向上!

B大学
東京都


導入サービス

学生ピタ!進路就職

導入の背景

10年以上利用していた学内進路就職システムの老朽化をきっかけに、2013年度よりシステムのリプレイスの検討を開始しました。
当時、学内進路就職システムを利用する学生が限られており、大学だけが提供できる貴重な就職関連情報(過去の採用実績、入社試験体験記、来校求人など)を有効活用できていないと感じておりました。導入にあたっては数社からの提案をいただきましたが、最終的に学生ピタ!進路就職システムを採用しました。
学生ピタ!では、学内の就職関連情報を閲覧できるだけでなく、学生が良く活用する求人ナビサイトへの連携もされており、学生が求める就職関連情報がワンストップで見ることができます。
また、学生が利用する機能についてはスマートフォンでの閲覧が可能でした。
学生ピタ!を導入することで、学生のシステム利用率が高まり学内の就職関連情報を学生に届けられるのではないかと考えました。


導入効果




教職履修カルテの電子化で業務効率UP!

C大学
東京都


導入サービス

学生ピタ!資格カルテ(教職履修カルテ)

導入の背景

2008年の法改正により、「教職実践演習」を履修する学生は「教職履修カルテ」の提出が必須となりました。
そのため本校では、「教職履修カルテ」を紙で作成し運用してきましたが、手書きの内容を何度も修正するため破損したり、最悪の場合紛失してしまうこともありました。
また、1つの紙を複数の教員が評価するため評価入力するのに待ち時間が発生し、非常に非効率となっていました。


導入効果




大学職員が行っていた一部の業務を外部委託し、
注力したい業務に専念!

D大学
埼玉県


導入サービス

アウトソーシングサービス

導入の背景

1994年頃、当時利用していた某社のICT機器の保守料が高額だったため、コスト削減を図るべく、業務の外部委託を検討しました。
そこで、当時、第三者保守を請け負っていたハーモニープラスに見積もりを依頼したところ、コストを2割削減出来る事が分かり、同社に委託する事を決めました。
それから約20年の間に、ICTが加速度的に普及し、ヘルプデスク窓口業務や機器貸出、授業支援等、教員、学生向けのサービス拡充の必要性が高まった結果、今では100名のハーモニープラスのスタッフが本学で働いています。
また、異動がある職員に比べ、ハーモニープラスのスタッフは長く同部署にいられるため、業務品質も高くノウハウが蓄積され、また業務量に応じて人員の増減も可能なため、高い業務品質とコスト適正化を図る事が可能となっています。
今後、更なるICT普及が予想される中、業務委託を通じて、ステークホルダーに価値あるサービスを提供していきたいと考えています。


導入効果




社会的貢献が高い業務ゆえ、「確実」かつ「円滑」な
業務遂行が必要だった

A社
東京都


導入サービス

業務請負サービス(災害時義援金の収納・受領証発行業務)

導入の背景

災害時の義援金が全国各地から送られてきますが、それらの義援金を確実に収納して円滑にお届けするためには、受領証発行の各種伝票の仕分・入力、原本捜索簡易化のための仕分・保管、義援金関連の業務フローの確立が急務でした。
社内の人的リソースやノウハウが足りない中、業務の運用ルールやツールの仕組み構築が得意なハーモニープラスに業務を委託する事にしました。
ハーモニープラスは、義援金寄付者から様々な形で寄せられる義援金を処理するため、業務フローを作り、業務に必要なツールやマニュアルを作成し、何万件もの件数を「確実」かつ「円滑」に処理してくれました。


導入効果

メニュー